日本スピッツの正しい散歩の仕方を知りたい方はこちらを参考にしてください。

TOP > 関連ページ > 散歩の仕方

日本スピッツ専門ナビ

散歩の仕方

飼い主さんとして、愛犬の日本スピッツと散歩に出ることは、一緒の生活の中でも特に楽しい時間と言えるのではないでしょうか。

日本スピッツはかなり元気がある犬種ですので、やはり散歩は欠かせません。

日に2回、朝、夕方など、また時間は30分程度を目安として十分に運動させてあげるのがコツです。また日本スピッツはどちらかというと寒さよりも暑さに弱いタイプです。

冬はしっかり歩き続けていれば問題ないと思いますが、夏場のアスファルトの照り返しがつよいような時期は夕方、朝方を選ぶようにします。

また飼い主さんも暑くて参ってしまいそうな状態だと、日本スピッツはその倍以上に疲れ切ってしまいます。また、夏場は肉球を火傷させないように注意してあげてください。

また暑さ寒さに関係なくやっかいなのが雨です。雨が降ったから室内で運動させておく、という飼い主さんも多いですが、やはり傘などさして視界が悪くなると事故に会ってしまったら大変です。

また水溜りもできやすく、ウイルスや病原菌が混ざった水の中で水分を補給してしまうのも危険です。また散歩は必ず一定の時間に限定しておいたほうがいいだろう、と考える方は多いようですが、実際は決めないほうが良いです。

1週間も毎日夕方の6時から、というように決めてしまうと、その後、日本スピッツが6時になると催促しだして、連れ出してしまうことになり、このような場合も主従関係が乱れてしまう大きな原因となり得ます。

散歩は毎日が基本ですが、週に1回程度無しになったからといって、病気に直結するようなことはありませんので、あまりスケジュールを厳しく決めないことも大切です。

またスタイルとして、日本スピッツに引っ張られてしまわないように、この場合も主従関係を意識することが大切です。引っ張られてしまうということは、主従関係が出来ていない証拠ですので、しっかりとしたしつけが必要になってきます。

もしあなたが、日本スピッツのしつけで悩んでいるのであれば、当サイトで推薦している教材を一度学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、日本スピッツのしつけで悩んでいた、延べ10000人の飼い主さんたちが、先生の教材を学んだところ、素直に言うことを聞く、日本スピッツに生まれ変わらせることに成功しています。

もし、日本スピッツのしつけで悩んでいるようでしたら、先生の教材を一度学んでみてください。きっとあなたの愛犬がとてもいい子に生まれ変わるきっかけになると思います。