日本スピッツのトイレのしつけ方のポイントをいくつかお伝えしております。

TOP > 関連ページ > トイレのしつけ方

日本スピッツ専門ナビ

トイレのしつけ方

日本スピッツは犬の中でもかなり賢い犬種です。昔と比べたら温和な性格になり、良く懐いてとても遊び好きな性格です。

やはりトータルに考えて日本スピッツはとても飼いやすい犬種と言って問題はないですが、やはり連れて来てからすぐにしつけをスタートすることは大切です。

まず室内で飼う場合、始めにトイレのしつけを教えることが大事ですが、このしつけを間違えてしまうと、どこでも用を足してしまうことになり、室内犬としてはとても飼えなくなってしまい、番犬のように外で飼うことになってしまうこともあります。

また日本スピッツが言うことをなかなか聞いてくれないからといって、強く叱りすぎるのもよくありません。日本スピッツは人間のようにおしっこもうんちも我慢することはできません。

部屋のどこでもいいからし放題になってもイライラしないこと、そうしないと叱られたことで我慢する癖がついてしまい、膀胱炎になったり消化器の問題がたくさん考えられます。

結局はしっかりしつけなければなりませんが、まず子犬の時はトイレにいくタイミングが決まっています。寝起き、食後、運動後とかなり正確なタイミングでもよおしますので、その時にトイレを覚えさせると効果があります。

もちろん上手に決められた場所でできたら思いっきり褒めてあげることも忘れずに、褒められるともっとも効果がありますが、叱ってはあまり効果はありません。

日本スピッツが子犬のうちから散歩でよくトイレをさせると、中ではしないようになってしまうこともあります。室内でだけ、まだ散歩には早いようなうちからシーツの場所を覚えても逆効果になるケースですが、散歩ですから運動している最中、よく出るタイミングです。

まず室内で用を済ませてから散歩に出るようにタイミングを見計らうのも効果がありますし、散歩時間をしっかり決めればいいかというと日本スピッツは逆に時間を覚えてしまいます。

やはり時間は決めずに、また雨の日は散歩に行かないなど、メリハリをつけながらしつけることが良いと思います。

もしあなたが日本スピッツを飼っていて、なかなか素直にトイレをしてくれないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介しているしつけ教材を学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように日本スピッツのしつけで悩んでいた延べ10000人近い飼い主さん達が、先生の教材を学んだところ、短期間で何でも言うことを聞く素直なワンちゃんにすることに成功しています。

ですので、あなたの日本スピッツも先生のやり方を実践すれば、何でも言うことを聞くお利口なワンちゃんになれると思いますので、しつけで悩んでいる方は今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。