日本スピッツの噛み癖のしつけはある方法を使えば簡単です。

TOP > 関連ページ > 噛み癖のしつけ方

日本スピッツ専門ナビ

噛み癖のしつけ方

噛み癖を止めさせることは難しいものではありません

日本スピッツといえば元々はよく噛む犬として知られています。

しかし、番犬世代も少なくなり、最近ではほとんどが逆に噛まない日本スピッツとして知られるようになっています。

以前、日本スピッツは攻撃的な性格で多くの人から嫌われてしまい、その間は国内でも日本スピッツの数も激減した時代が長かったものです。

しかしブリーダーたちが努力し、かなり改善された日本スピッツとして現在では親しまれています。中にはこれだけ変わるものか、と姿形は同じなのに激変した、と驚く方も多いようです。

しかし、全く噛まなくなったわけではありません。ペットであろうと野生であろうと犬は噛みます。しつけをしないと、という意味ですが、しつけにも上手下手があるものです。

犬の本能である噛み癖をしっかり治すためには、それ相応の努力が必要です。日本スピッツは子犬の時には甘噛みをよくします。また飼い主さんに甘えたくて噛んでいることもしばしばです。

時にはタイミングを見計らって遊んであげることも大切ですし、やはりそのままだと、どんどんわがままになって主従関係を意識できなくなってしまいますので、しっかりしつける時はしつけることが大切です。

噛んだらどうやってしつけるかといえば、まず噛んだその瞬間に叱ることがポイントです。そうでないと噛んだことで喜ばれていると勘違いしてしまいます。

叱る場合もむやみに叱るのではなく、できれば噛まれたのが飼い主さんであれば、飼い主さんが痛がっていることを教えることです。最近の飼い主さんで多いのが、やはり甘やかしすぎて噛み癖が治らない、と悩んでいるケースです。

もちろんかわいいルックスをしているから仕方が無いとも言えますが、主従関係がしっかりしていないと他のしつけにも大きく影響します。

もし、日本スピッツのしつけ方の基本が分からないと悩んでいるのであれば、当サイトで推薦している教材を一度学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じように日本スピッツのしつけ方が分からないと、悩んでいた延べ10000人の飼い主さんたちが、先生の教材を学んだところ、短期間で何でも言うことを聞く、日本スピッツに生まれ変わらせることに成功しています。

もし、日本スピッツのしつけで悩んでいるようでしたら、先生の教材を学んでみてください。きっとあなたの愛犬がとてもいい子に生まれ変わるきっかけになると思います。