日本スピッツの下痢や嘔吐の原因について言及しております。

TOP > 関連ページ > 下痢や嘔吐の原因

日本スピッツ専門ナビ

下痢や嘔吐の原因

体調を崩してしまう原因

日本スピッツの便に異常がある場合、人間と同じでなんらかの体調不良のサインと言えます。

原因として多いものはストレスもありますし、食餌の量が多い、フードを変えた、消化不良、寄生虫やウイルス感染による場合も考えられます。


日本スピッツが下痢を起こしていると思ったら熱がありそうだ、フラフラしている、などというケースはできるだけ早めに獣医さんに診てもらうことがやはり一番です。

また日本スピッツがぐったりしてしまって元気もないような場合、ストレスから不眠などが起こっていて下痢を引き起こすこともありますが、特にまだ連れて来てから間もないタイミングの場合はあまりかまわないほうが良いです。

大人しくして徐々に慣れようとしているのかもしれませんし、ストレスが大きくなると低血糖症になる恐れも高くなります。

また下痢と同じくらい多いのが嘔吐ですが、まず嘔吐と似ているものに吐き出しがあります。食道より下まで届いていないものをいきなり吐き出してしまう場合は吐き出しですが、ほとんど未消化の状態で吐いてしまいます。

また嘔吐は胃で消化液が混ざっている状態を言いますが、嘔吐の前は不安そうにしていることが多く、黄色い液、つまり胆液が混ざっていたりすることで見分けられます。

吐いた後それほど時間も経たないうちに日本スピッツが元気になるようであれば半日程度は食べさせないようにして、まず消化器系を休ませることが肝心ですし、連続して吐くような場合は、脱水症状を起こす前にできるだけ早期に獣医さんに診てもらうことです。

またすぐに日本スピッツが元気になったから大丈夫、というわけでもなく、その原因をしっかり把握できるとまず問題にはなりません。フードを変えたことも気付かないでいると、日本スピッツもかわいそうなもので、また知らずに食べて吐いてしまいます。

日本スピッツも人間と同じで下痢も嘔吐を繰り返すとぐったりしてしまいますので、しっかり休ませることが基本ですし、できるだけ早めに獣医さんに、というタイミングを把握しておくのが一番です。