日本スピッツ関連のページです。

TOP > 関連ページ

日本スピッツ専門ナビ

日本スピッツの関連ページについて


日本スピッツの室内環境について

日本スピッツといえば番犬として飼われていた歴史もあり、頑丈な犬として知られていますが、昔のように室外で飼う方は少なく、大抵は室内で愛玩犬として飼われています。

また室内ということで庭に放し飼いにするより運動量が落ちると言えますが、やはり適度な運動は大切です。もちろん散歩もありますし、雨の日が長ければ室内でも十分に運動できるスペースを確保するのが理想です。

日本スピッツが室内でもっとも快適に過ごせる温度は20度から24度くらいと言われています。寒さには強く、また暑さに弱い犬ですが、夏場は特にエアコンでの室温調整が健康管理にとって軸になると言えます。

また病気については、室内飼いで怖いのがアレルギーです。日本人の生活環境がどんどん変化してきて、昔よりアレルギーにかかる犬が増えていると言われています。

アレルギー性皮膚炎や内分泌性皮膚炎等は不衛生、ノミやダニ、ドッグフードが合わないなども考えられます。サークルやゲージを設置して、おやつや玩具を与えておくと喜びます。

またたくさん与えればいいというものでもなく、ある程度しつけに沿って与えること、留守番であればとっておきの玩具を与えるのも効果的です。たくさんおもちゃを並べておいてその中から選んだものを取っておくと役立ちます。

常にスキンシップができることも大きなメリットです。賢くて誰からも褒められるような日本スピッツにでき、しつけの方法をしっかりマスターすることができます。

お薦めしつけ教材

TVチャンピォン優勝!
森田誠の犬のしつけ法
日本一のカリスマ訓練士!
藤井聡の犬のしつけ法